膀胱炎撃退ガイド

腎盂炎(腎盂腎炎)

膀胱炎とよく似た病気の中に、腎盂炎があります。腎盂炎の正式名称は腎盂腎炎と言い、膀胱炎と並んで、尿路感染症になります。似ている病気と言うよりも、膀胱炎を治療せずに放っておくと、重症化して腎盂炎になってしまうのです。中には、膀胱炎の症状を見ないまま、いきなり腎盂炎を発症する場合もあります。膀胱炎と腎盂炎の違いは、炎症を起こしている箇所の違いと、発熱があるかないかで判断ができます。

腎盂炎の原因

基本的に、腎盂炎の原因の根底には膀胱炎があります。細菌によって膀胱炎になり、その細菌が何らかの原因で尿管をさかのぼり、腎臓の中心部であり、尿を尿管に送り出している腎盂に細菌が達してしまい、腎臓が炎症を起こしてしまうものです。膀胱炎と腎盂炎の原因になる細菌は、同じ菌だということです。膀胱炎同様、男性よりも女性に多くみられます。

感染経路

腎盂炎の原因となる細菌は、膀胱炎同様大腸菌と言われています。しかし、混合感染という、同時に2種類以上の細菌に感染していることも珍しくありません。腎盂炎の感染経路は、以下の3つに分けられます。

上行性感染

大腸菌などの、腎盂炎の原因となる細菌が、何らかの原因で逆流し、腎盂に達して腎盂炎になる感染経路を、上行性感染と呼びます。腎盂や尿管の形成異常や前立腺肥大、痛風、尿路結石、妊娠などが原因と言われています。子供の場合は、膀胱尿管逆流症の場合もあります。

血行性感染

腎臓以外の臓器に腎盂炎の原因となりうる細菌があり、血液の流れに乗って腎臓まで運ばれてしまい、腎盂炎になってしまうものです。こうした経路で腎盂炎になるものを、血行性感染と呼びます。

リンパ性感染

風邪などで体の抵抗力が低下しているときに、このパターンの感染が多くみられます。リンパ管を通り、細菌が運ばれて腎盂炎になってしまうことを言います。

腎炎の症状

腎盂炎には、急性腎盂炎と慢性腎盂炎があります。同じ腎盂炎でも、症状の出方が違います。

急性腎盂炎

症状として、膀胱炎と同じ、頻尿、残尿感、排尿時の痛み、血尿、尿の濁りなどが見られますが、決定的に違うのは、発熱があるということです。38〜40度の発熱があり、急激に上がるので震えも出ます。また、腎臓のある横隔膜下あたりの脇腹や背中の痛み、腰痛、むかつき、嘔吐があります。背中の痛みは鈍痛ですが、腎臓が腫れているため、軽く叩くと激しい痛みが響きます。

慢性腎盂炎

慢性の腎盂炎の場合、活動性であれば急性腎盂炎同様の症状がありますが、そのほとんどは、倦怠感や頭痛、腰痛、微熱などで、自覚症状がない場合もあります。気づかないままでいると、慢性腎盂炎が進行し、腎機能に腎不全などの障害が出てきますので注意が必要です。

腎盂炎の治療

基本的には入院治療になりますが、程度が軽く、通院で治療を行う場合でも、処方された薬を正しく飲み、刺激物やアルコールを避けて、安静に過ごさなければいけません。入浴も許可が出るまで控えましょう。もちろん、水分は多く摂らなければいけませんし、排尿を我慢せずに、尿をたくさん出すようにしましょう。

急性腎盂炎の治療

腎盂炎を起こしている細菌に効果のある抗生物質を、点滴や注射で使います。場合によっては、消炎鎮痛剤も使われる場合があります。早期治療の場合、効果はすぐに出るでしょう。4〜7日で症状は改善されますが、治療は1〜2週間かかります。治療が終わっても、再発の有無を確認するために、10日前後経過してから、尿検査を行います。

慢性腎盂炎の治療

急性の場合と同様に、抗生物質などを使います。慢性化しているため、何度も再発を繰り返している場合には、尿検査でも陰性化してしまいます。そのため、症状が改善されたあとも、1ヶ月以上、継続して薬の投与が必要になります。尿路の基礎疾患が原因で慢性化している場合、手術が必要な場合もありますが、その効果もない場合、腎不全になってしまう場合もあり、人工透析が必要になる場合もあります。