膀胱炎撃退ガイド

子供の膀胱炎

子供にも膀胱炎は起こります。子供は排尿時の違和感などはうまく表現できないため、気づくのが遅れがちになります。赤ちゃんにも膀胱炎は見られ、大人が注意して排尿時の様子などを見てあげなくてはいけません。もちろん、早めに病院を受診することは言うまでもありません。

赤ちゃんでは男の子に多い

赤ちゃんの場合の膀胱炎は、女の子よりも男の子に多くみられます。大人とは逆と言うことです。1歳未満の乳幼児では、あとから紹介する『膀胱尿管逆流症』や『水腎症』などの先天性の異常があるために、男の子の方が膀胱炎だけではなく、尿路感染症などにかかりやすいと言われているのです。反対に、1歳を過ぎると、男の子よりも女の子の方に多くみられるようになります。これは大人同様、女の子の方が男の子に比べて尿道が短いためだと考えられます。また、外陰部を不潔にしていると細菌が増えやすくなりますので、トイレのときには、前から後ろに向ってティッシュを使うように教えてあげなければいけません。

子供の膀胱炎の症状

子供の膀胱炎は、厄介なことに無症状のことが多いです。膀胱炎のために、多少頻尿になり、おもらしやおねしょで膀胱炎に気づくことがありますが、子供ではおもらし、おねしょはよくあることですので、気づかずにいることもあります。顔色が悪くなったり、不機嫌になったり、発熱、嘔吐、下痢などの症状が現れることもありますので、注意深くみてあげなければいけません。トイレに行く回数が増えていないか、排尿を嫌がっていないか、チェックしなければいけません。小学生くらいになると、膀胱炎になった場合、膀胱炎の症状である排尿通、残尿感、頻尿などを自覚して訴えられるようになりますので、症状をよく聞いてあげましょう。また、子供は風邪から出血性膀胱炎になる場合もありますので、子供は血尿をしたことで驚くと思います。自然治癒するものですが、他の膀胱炎と見分けるには、やはり医師の診断が必要です。

膀胱尿管逆流症

膀胱尿管逆流症、聞きなれない病名かもしれませんね。これは、膀胱と腎臓をつなぐ尿管の境界にある弁の役割をしちえるものがあり、この弁の働きによって、膀胱から尿管に尿が逆流しないようになっています。膀胱尿管逆流症は、子供の時期にはこの弁のようなものがうまく働かずに、膀胱の尿が、尿管や腎臓に逆流してしまうというものです。膀胱炎のきっかけとなることも多いのですが、成長と共にこのような現象が起こらなくなり、自然に改善されることの多いものです。しかし、腎臓に障害を起こすような場合では、早急に手術を行わなければいけません。

水腎症

腎臓で作られた尿が、本来行くべき場所である尿管や膀胱に流れずに、腎臓にそのままたまって、腎臓そのものが尿で腫れてしまう病気です。尿管の一部が生まれつき狭くなっていたり、閉塞していることが原因になります。これも、膀胱尿管逆流症と同様、成長と共に自然に改善されていくことが多いのですが、やはり症状がひどい場合は、早急な手術が必要になります。

必ず病院で受診を

子供の膀胱炎の場合でも、治療には抗生物質を使用します。間に合わせで、漢方薬などを薬局で購入してきて飲ませるようなことは絶対にしないようにし、早めに病院を受診して、膀胱炎の種類に合っている抗生物質を正しく飲むことが望まれます。様々な情報を集め。自己判断で、自然治癒するものだからと言って、そのまま放置してはいけません。医師が自然放置しても治癒すると言う診断を下さない限り、自己判断は禁物です。膀胱炎の原因にもなる、膀胱尿管逆流症や、水腎症のように、自然に改善されることが多くても、中には手術が必要になる場合もあるのです。