膀胱炎撃退ガイド

男性の膀胱炎

膀胱炎は女性に多いので、男性が膀胱炎と言うとなんだかピンときませんが、膀胱を持っている以上、男性も膀胱炎になる可能性はあります。しかし、女性の膀胱炎のように、滅多にあるものではありません。男性は、女性よりも尿道が長いため、細菌が膀胱に侵入する前に、排尿で洗い出すことができるために、膀胱炎の男性が少ないのです。普通に生活を送っていれば、男性が膀胱炎になることは殆どありません。男性が膀胱炎になるときは、病院の診察や治療の際に尿カテーテルを使用するなどして、膀胱内に細菌が持ち込まれて、膀胱炎を発症する場合があります。ただ、男性の場合は膀胱炎なのか、尿道炎なのか、前立腺炎なのか、ちょっと自分でもわかりづらい部分もあると思います。なんだかおかしいと思ったら、早めに病院に行くようにしましょう。

多くは無菌性膀胱炎

男性の膀胱炎は、子供にも見られますので注意が必要です。その多くは無菌性膀胱炎で、超音波検査や膀胱鏡所見で、膀胱がんだと誤診する若い医師もいます。無菌性ですので、抗生物質を使用しても症状は改善されず、副腎皮質ホルモンに反応します。原因となる細菌が見当たらないから、必ずしも無菌性膀胱炎であるとは言い切れず、結核性膀胱炎や間質性膀胱炎の場合もありますので、治療しても中々症状が改善されない場合は、一度、膀胱鏡で膀胱の内部を検査する必要があります。

前立腺炎との関係

男性は女性と違い、膀胱炎よりも、尿道が長いために、尿道炎や前立腺炎になる可能性の方が高くなります。男性の膀胱炎は、最初に尿道が細菌に侵され、徐々に前立腺にも広がっていき、そこからの膀胱炎になることが多いのです。女性同様、繰り返し膀胱炎を起こすこともあります。繰り返しなってしまう原因は、前立腺に細菌に侵されている部分が残ってしまうからだろうと言われています。

前立腺肥大

前立腺炎だけではなく、前立腺肥大でも膀胱炎を引き起こすことがあります。通常、男性の排尿は勢いよく出て、短い時間で終わりますが、前立腺が肥大すると、尿の出に勢いがなくなり、排尿し終わるまでの時間がかなり長くなります。排尿しても、膀胱に尿が残るようになるため、仮に膀胱に細菌が侵入した場合に、細菌を排尿によって体外に出し切れずに、膀胱内に残すことになってしまいます。そこからどんどん細菌が増えて、膀胱炎を起こしてしまうのです。

いたちごっこ?

膀胱炎になった場合、治療には抗生物質が使われます。抗生物質を使うことによって、膀胱の中の細菌を簡単に取り除くことができます。こうして膀胱炎には効果があるのですが、男性の場合、細菌に侵された前立腺から膀胱炎になります。薬が膀胱炎に効果を出しても、肝心な薬が、前立腺まで届きにくいため、そこに細菌が残りやすくなります。このため、抗生物質で膀胱炎を治療して、症状が改善されても、抗生物質の服用をやめると、前立腺に残っていた細菌が再び膀胱にやってきて、膀胱炎を引き起こします。ですから、男性の膀胱炎は慢性化することが多いのです。女性は、細菌による急性膀胱炎が多いのに対し、男性の場合は、何か基礎疾患が隠れている場合や、急性前立腺炎の合併症であることがありますので、『膀胱炎かな?』と思ったら、早めに泌尿器科を受診しなければいけません。

CIS膀胱炎に注意

男性の場合、滅多に膀胱炎は起こりませんので、もし、膀胱炎の症状が出たら、CIS膀胱炎に注意しなければいけません。【膀胱炎の種類】でも紹介しましたが、男性の膀胱炎は、CISと呼ばれる、悪性の膀胱粘膜がんである可能性があります。尿細胞診や膀胱鏡検査が必要なときもありますので、不安であればしっかり調べてみるべきでしょう。