膀胱炎撃退ガイド

妊娠と膀胱炎

待望の赤ちゃんを授かって、マタニティライフを喜びと不安で過ごしながらも、幸せいっぱいな気持ちの妊婦さん。出産まで何事もなく過ごせればいいのですが、特にはじめての妊婦さんだと、色んなことに不安を感じるのでは? 妊娠すると膀胱炎になりやすい……だからと言って、必ずなるものではありません。なりやすいというだけのことですので、いたずらに心配して、ストレスをためてはいけません。ただ、膀胱炎になってしまったら、早めに産婦人科の先生に、薬を処方してもらうということだけは、頭に入れておきましょう。

妊娠中になりやすいわけ

『妊娠すると膀胱炎になりやすい』このセリフ、よく耳にしますよね。妊娠中はどうしても抵抗力が落ちてしまいますので、細菌にも弱くなります。妊娠中にガンジタになりやすいのもそのためです。おりものも増えて外陰部が不潔になりやすいので、気をつけましょう。また、妊娠すると徐々にお腹が大きくなり、膀胱が圧迫されるので頻尿になりますが、膀胱内は空っぽにはなりにくく、細菌も増えやすくなってしまい、膀胱炎になりやすくなります。妊娠後期になると、お腹の中の赤ちゃんも成長し、支給も大きくなって膀胱を常に圧迫します。そのため、膀胱に尿を溜める容量が少なくなり、残尿感もあるので、何度もトイレに行くようになり、夜中も尿意で何度も目が覚めるようになります。あまりに頻繁に尿意を感じ、トイレに行っても思ったほど出ないのを、妊娠してお腹が大きいせいだからと判断してトイレを我慢していると、膀胱炎になってしまいます。頻尿でも、我慢して溜めておこうとせず、こまめにトイレに行きましょう。排尿時に痛みを感じるようになったり、尿が白く濁っている場合、膀胱炎の可能性がありますので、早めにかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。中には、妊娠中だけで何度も膀胱炎になってしまう人がいるようです。

妊娠中の治療

妊娠中の膀胱炎の治療にも、抗生物質を使用します。膀胱内の炎症が激しい場合は、消炎剤も出る場合があります。薬は飲みたくないと、普段から極力飲まない主義の人もいるようですが、お腹にあかちゃんがいることを忘れず、『自分一人の体じゃない』のですから、少しでもおかしいと思うところがあれば、病院に行きましょう。かかりつけの産婦人科以外を受診するのであれば、自分が妊娠しているということをハッキリと伝えるようにしましょう。一般的には、膀胱炎と言われても自覚症状がない場合、抗生物質の投与はしません。飲み続けていくことにより。細菌に耐性を持つ最近を増やすことにもなるからです。ですが、妊娠中は自覚症状がなくても、膀胱炎だと診断されたら、抗生物質を使って治療します。膀胱炎を引き起こしている細菌が、腎臓にまで及んでしまうと腎盂腎炎を起こしてしまう可能性があるからです。そういったリスクを考え、症状がなくても、薬で治療を行います。

漢方薬

妊娠中の膀胱炎の薬は、副作用を考えて西洋薬は使わずに、東洋薬を使うという産婦人科医がいます。膀胱炎に効き目がある『猪苓湯』です。この漢方薬は、泌尿器の薬としてよく使われています。『五淋散』は慢性的な膀胱炎に使われます。竜胆しゃ肝湯は排尿時の痛みに。当帰芍薬酸は冷え性を伴う場合に使われます。

子供への影響は?

どんな薬でも、妊娠中は胎児への影響が気になります。膀胱炎そのものが、お腹の胎児に影響を及ぼすことはありません。膀胱炎を治療する薬の抗生物質も、昔と違い、長い間使われてきて、安全だということが確認されています。服用したからといいって、胎児に何かあるということはありませんので、症状に気づいたら、早めに病院を受診して治してしまいましょう。