膀胱炎撃退ガイド

膀胱炎の治療

前の項を見てお分かりのように、膀胱炎は放っておくと、どんどん症状が重くなっていきます。早めに気づいて病院に行かなければ、痛みが出てきて辛い思いをしてしまいます。婦人科で、下着を取って内診するわけではないのですから、早めに行くとそれだけ早く直ります。重い腰を上げて病院に行きましょう。

何科?

何科を受診すればいいのか分からない。そういう人もいるでしょう。産婦人科か、泌尿器科を受診しましょう。いつ頃から、どんな症状が出始めたのか、明確に説明しましょう。問診をして、膀胱炎の疑いがある場合は、まず一般的な検査を行うことになります。

膀胱炎の診断

膀胱炎の検査は体に負担のかかるものではありません。問診をしてから、触診と尿検査をします。触診は、膀胱部分を圧迫し、痛みや尿意があるかどうかを調べます。尿検査のときは、中間尿を採るようにしましょう。出始めの尿は、様々なものが混入しやすいので、膀胱炎でなくてもそう診断される場合があります。

尿検査

尿検査は、試験紙での色の変化を調べます。これで、糖やタンパク、ケトン体、潜血反応を調べることができ、膀胱炎であれば、タンパクと潜血反応が出ます。次に尿沈査をします。採取した尿を遠心分離機にかけ、成分を分離させて、尿の成分を調べます。尿からは、腎臓や膀胱の状態を知ることができ、この検査方法だと、尿の中に浮遊していた成分が固まり、検査しやすくなります。尿細胞検査は、膀胱炎の原因になる細菌の種類を特定したり、効き目のある抗生物質がなんであるか調べます。細菌の培養をして、原因になる細菌を特定しやすくします。この増えた細菌のまわりに抗生物質をおくことで、効き目のある薬がなんであるかが分かります。

膀胱炎と特定

これらの検査で細菌が特定されると、膀胱炎と診断されるでしょう。いよいよ治療にとりかかるわけですが、治療法は、原因や膀胱炎の種類によって変ってきます。痛みがあるので排尿を嫌がり、水分摂取を抑える人がいますが、なるべく沢山水分を摂って、頑張って排尿するようにしなければいけません。軽度の膀胱炎の場合、こうすることで自然治癒してしまう場合があります。治療を行っても症状が中々改善されない場合、造影剤を膀胱内に入れて、排尿などの様子を観察し、膀胱や尿道に異常がないか、調べる場合があります。

膀胱炎の薬

細菌が原因になっている膀胱炎では、抗生物質や抗菌剤を投与することで、劇的に症状が軽くなります。急性膀胱炎の場合は、1〜2日で症状が軽くなり、1週間ほどで治ります。薬は4〜5日分処方されますが、最初の数日で症状がなくなったからと言って、勝手に薬の服用をやめないようにしましょう。必ず処方された分は飲みきるようにします。そうしなければ、再発の原因になってしまいます。慢性膀胱炎の場合、急性膀胱炎に比べて治りも遅く、原因になっている基礎疾患がある場合もあるので、同時に治療していかなければいけません。その他の膀胱炎では、膀胱内に生理食塩水を注入して膀胱を伸ばしたり、直接膀胱内に薬を注入するものもあります。これもやはり膀胱炎の種類によって、治療法が変ります。詳しくは【様々な膀胱炎】【膀胱炎に似た病気】を参照してください。膀胱炎により痛みには、ボルタレンやロキソニンなどの強めの鎮痛剤が処方されます。

市販薬

以前、薬局やドラッグストアーでも、膀胱炎の薬が販売されていました。薬事法の改正により、現在では販売できなくなっています。これまで、膀胱炎を繰り返している人は、市販の薬で対応している人も大勢いたことでしょう。現在、膀胱炎に対して薬局やドラッグストアーが対応できるのは、漢方薬しかありません。もちろん、漢方薬を飲んで症状が軽くなる人もいますが、やはり、病院から薬を処方してもらう方が治りは早いですので、市販薬は、忙しくて診察時間内にどうしても病院に行けないというときの、つなぎ程度で考えていた方がいいのではないでしょうか。