膀胱炎撃退ガイド

女性に多いわけ

膀胱炎は男性よりも女性に多いものです。男性がならないわけではないのですが、圧倒的に女性に多く、女性の専売特許のような感もあります。どうして膀胱炎=女性みたいになっているのでしょうか。膀胱炎は、女性にとって珍しい病気ではなくなっていますが、膀胱炎を放っておくと慢性化してしまいますし、腎臓などにも障害が出る場合がありますので、その都度しっかりと治療しなければいけません。

どうしてなりやすい?

男性よりも女性が膀胱炎になりやすい一番の理由は、体の構造にあります。女性の尿道は、男性の尿道の1/3の4.5cmしかありません。尿道が短いために、細菌が尿道から侵入して、膀胱に入りやすいと言えるでしょう。また、膀胱炎の原因になる細菌の中で一番多い、大腸菌が、肛門と尿道が近いために、侵入しやすいと言えます。トイレでは、前から後ろに向って拭くようにしましょう。

妊娠

妊娠すると抵抗力も弱まり、膀胱も圧迫されるために膀胱炎になりやすくなっています。詳しくは【妊娠と膀胱炎】を参照してください。

女性ホルモン

更年期の女性にも、膀胱炎が多く見られます。これは、女性ホルモンが減少することにより、抵抗力が低下することに加え、膀胱の粘膜も薄くなるので、膀胱から出血しやすい環境になるためだと考えられます。

性生活

性行為が膀胱炎の原因になることがあります。摩擦によって尿道が傷つき、細菌が侵入しやすくなるからだと言われています。性行為の前は、自分もパートナーも清潔にして手も洗い、性行為のあとは細菌を洗い流すように、しっかりと排尿する習慣をつけましょう。また、避妊具のペッサリーを入れている女性も、膀胱炎になりやすいです。使用する殺精子薬で膣内の細菌バランスが崩れます。それにより、膀胱炎の原因になる細菌が増えてしまうため、膀胱炎になりやすいのです。

冷え性

女性だからと言って、誰もが膀胱炎になるわけではありません。健康な体であれば、一度も膀胱炎を経験しない女性だっているでしょう。健康であれば、細菌に対する免疫力がありますので、膀胱や尿道が細菌に侵されることはありません。排尿することで、膀胱炎の原因となる細菌を洗い流すことができます。ただ、一度も膀胱炎を経験したことのない人もいれば、何度も何度も膀胱炎を繰り返してしまう人もいます。風邪をひいたり、疲れていて体調が思わしくないタイミングで膀胱炎になる人は、体調管理をしっかりと行うことで、膀胱炎の再発を防ぐこともできますが、中にはそうではない人もいるのです。それが『冷え性』の人です。普通、健康な体であれば、膀胱内の温度も36〜38度を保っていられます。この温度は細菌が侵入してきても、繁殖することなく、感染もすることができません。一方、冷え性や低体温症の人では、膀胱内の温度が32度以下になることもあり、膀胱炎の原因になる細菌が、繁殖しやすい環境になってしまうのです。そのため、何度も何度も膀胱炎を繰り返したり、慢性化してしまうのです。女性の多くが冷え性を持っているため、女性が膀胱炎になりやすいといわれる要因の一つに挙げられるのです。

漢方で治す

【膀胱炎の予防】でも紹介していますが、西洋医学では『冷え性』という病気は存在しません。このような、冷え性が原因での膀胱炎に、抗菌剤などを用いて治療を行っても、治りづらいばかりか、体に負担もかけてしまいます。根本的な冷え性を改善する必要があるのです。冷え性だと、膀胱炎ばかりではなく、同じく細菌による感染で引き起こされる、子宮内膜炎になってしまう可能性もあります。細菌が感染する部分が、膀胱か子宮かの違いです。これらを考えると、慢性化する前に、冷え性の改善をした方がいいでしょう。